店舗を探す
三重県
愛知県
岐阜県
静岡県
滋賀県
奈良県
和歌山県
兵庫県
農業屋オンラインショップ
家庭菜園教室
HOME > ナスは更新剪定がおすすめ/越津ネギの本植えスタート

一宮千秋店

一宮千秋店 内山店長
一宮千秋店 内山店長
地域の皆様に頼りにされるお店を目指して頑張ります!明るい笑顔・元気なお店!農家の方も家庭菜園の方もお気軽に来てください!
住所:
愛知県一宮市千秋町佐野字工高前30-1
TEL:0586-75-7870
営業時間:
(春)3月~中旬   9:00~18:30
(夏)3月中旬~9月 9:00~19:00
(秋・冬)10~2月  9:00~18:00
※12~2月は火曜日定休
こんにちは。店長の内山です。
暑くて暑くて、もうたまりませんが、倒れないくらい頑張ります。
さて、7月も中旬になりますが、この時期の大事な作業といえばナスの更新剪定です。
春に植えたナス苗で、秋に向けて新しい苗を植え直しするよりも早くから収穫が再開できますよ!
7月中旬からお盆までの間に済ませましょう。
遅れてしまうと、株の回復時期が猛暑にかかり、回復できないことがあります。
まず枝の剪定をします。株の3分の1程度を残すくらいが目安です。
こんなに切ってしまって大丈夫だろうか?というくらい思い切って行いましょう。
次は根切りです。株の中心から、半径30cmほどのところにスコップを差し込み
根を切ります。これによって新しい根が発生し、株が若返ります。
最後に追肥です。効きだしが早く、濃度障害も起きにくい液肥が最適です。
ハイポネックスなどの一般的な液肥でも使えますが、
アミノ酸など有機質の入った農業屋の「野菜が元気になる液肥」がおすすめです。
1ヶ月もすれば、おいしい秋ナスが収穫できます。やったことがない方は
ぜひ一度やってみてくださいね!
梅雨も明けたということで、一宮千秋店周辺ではそろそろ越津ネギの本植えも始まってきます。
いわゆる「千秋ねぎ」としてこの辺では有名なねぎに使われる品種です。
春に苗畑で植えた苗が分げつして増えているので、それを掘り上げ、溝を掘って本植えをします。
越津ねぎの植え方についてはまた改めて詳しく書こうと思いますが、植え付け時期は
今頃から遅くとも9月のお彼岸までに植えないと、冬の収穫に間に合わないそうです。
苗の扱いもおよそそれくらいまで継続して店頭にあるようご準備しておりますので、ぜひご利用ください。

ページトップへ