店舗を探す
三重県
愛知県
岐阜県
静岡県
滋賀県
奈良県
和歌山県
兵庫県
農業屋オンラインショップ
家庭菜園教室
HOME > アスパラガスをお家で育てよう!

隠れた大人気お野菜、アスパラガスをお家で育てよう!

 

アスパラガスは一度定植すると、10年以上続けて栽培することが可能なお野菜なんですよ!

知っていましたか?すごいですよね!!(^^!)

家庭菜園でも手軽に育てることができますが、

アスパラガスは野菜の中では珍しい『ユリ科』の多年生生物で

長く育てるには少し、コツが必要です!!!

 

=====土づくり =======================

アスパラガスは、一度定植すると何年も同じ畑で栽培し続けることになるため、

最初の土づくりが肝心です!

貯蔵根に養分を尽くせ記することで次々と萌芽するため、

根をしっかりと伸張させることが大事です。

そのためには、深くまで通気性と排水性が良い土壌が望ましいので、

バーク堆肥などを入れ、深めに耕しましょう!

また、植えてしまったあとから移動することはできないので

はじめにしっかりと、日当たりと風当たりの良い場所を選びましょう!

 

 

=====植えつけ =======================

うね幅150cm、株間30cmほどにします。

根株の場合、15~20cmほどの深さの穴を掘り、株を置き土を12cm程度被せましょう。

植えつけ後にはたっぷりと水をあたえましょう!

 

=====水やりと追肥 =======================

アスパラガスは夏場の乾燥が苦手です。

夏バテさせないためには、まず水やりが肝です!!

ポイントは、少量の水を多数回行うことです!

また、追肥は株の状態を見ながら半月に1度程度の間隔で行います。

肥料はチッソ分を主体とした即効性のものが良いでしょう☆

 

=====収穫は翌年から =======================

根株から栽培した場合、収穫を楽しむのは翌年からです!

25cmほど伸びたら収穫です!

 

=====冬の管理が重要!=======================

アスパラガスは秋に入ると養分が根に蓄えられ、11月~12月で休眠に入ります。

霜にあたり、葉の黄化が進むと休眠はよりいっそう深まります。

 

ここで重要なのが、葉が完全に黄変したころに、

地際から5~6cmのところで茎を刈り取り、

落ちた枯葉とともに畑の外へ持ち出して処分しましょう!

葉茎がアスパラガスの大敵である『茎枯れ病』や『斑点病』にかかっている場合があり、

病原菌が越冬し、翌年発生するのを防ぐためです。

その後はモミガラなどで表面を覆い、寒風から守りましょう!

 

 

 

ページトップへ