店舗を探す
三重県
愛知県
岐阜県
静岡県
滋賀県
奈良県
和歌山県
兵庫県
農業屋オンラインショップ
家庭菜園教室
HOME > 夏野菜の追肥を行いましょう!

みなさんこんにちは!(^^)

 

本格的な梅雨のお天気が続いていますが、

お野菜は順調に育ってきていますか??

そろそろ、春に植えた野菜苗には追肥を行いましょう!

 

【トマト】

トマトは花が咲き、3段目の花房が開花するときが1度目の追肥の時期です。

 

茎の太さが1~1.2cm程度で、葉の広がりが伏せたお皿くらいになるのが

理想的な栄養状態です。

 

主茎が細くなりかけてきている場合も追肥のタイミングです。

 

もし追肥のタイミングが分からない場合は、水を多めに施してみて、

2日後も草勢が良くならない場合はすぐに追肥を行いましょう!

 

【ナス】

ナスは比較的肥料を必要とする野菜です。

 

1回目の追肥は1番果の収穫と同時に施します。

それ以降は半月に1回の目安で追肥を行いましょう。

 

ナスは肥料切れと乾燥が大敵です!

追肥と共に、水も切らさないように注意が必要です!

 

 

【ピーマン】

ピーマンの1回目の追肥は、1番果の収穫のタイミングで行います。

その後は10~14日間隔で行いましょう!

 

草勢が落ち着いて花の数が増えてくると、その後実をつけるために

体力を使うので、様子を見ながら追肥の間隔を短くしていきましょう。

 

 

【キュウリ】

キュウリも1番果の収穫以降、7~10日間隔で追肥を行いましょう。

 

キュウリは特に水分を必要とします。

水分不足で極端に弱るので梅雨の合間の晴れや梅雨明け後が要注意です☆

 

 

ページトップへ